(第1条 適用範囲)
1.本規約は、オーエス(以下「当社」という。)が提供する、私書箱サービス等の一切のサービス(以下「本サービス」という。)について、その会員(以下「私書箱会員」又は「会員」という。)に対して適用するものとします。本サービスの利用を希望する者(以下「利用希望者」という。)は、私書箱会員への入会の申込みをすることにより、本規約の内容を承諾したものとみなし、入会後においても本規約を遵守することを約束するものとします。
2.会員が本規約についての承諾書を提出する場合、承諾書と本規約は一体となり効力を有するものとします。又、本規約と承諾書との間で異なる規定がある場合は、承諾書の規定が優先するものとします。
3.当社は会員の承諾なく本規約を変更できるものとし、変更後は、変更後の内容のみ有効とします。本規約の変更は、変更後の本規約を本サイトに掲示することにより効力が発生し、会員は自ら本サイトにて変更後の本規約を随時確認するものとします。
(第2条 会員資格の登録、取消等)
1.本サービスは、私書箱会員への入会の申込みに対して当社からの入会の承諾を受けた会員であって、第4項の利用開始手続きが完了した者に限り利用できるものとします。
2.利用希望者は、本サイトの「お申し込みフォーム」又は、電話、メールにより入会の申込みをするものとします。
3.当社は、前項の申込みをした利用希望者が、当社が別に定める条件等を満たすときは、私書箱会員として登録し、第10条に定める会員証を貸与します。
4.登録を受けた会員は、当社が別に定める本サービスの利用開始手続きを行うものとします。その際、会員は、当社が指定する書式に、当社が要求する情報すべてを正確に記載し、当社に届け出るものとします。
5.前項の利用開始手続きの完了をもって、当社は、会員に対して、本サービスの利用に必要なパスワードを発行し、URLを開示します。当社からの手続き完了の通知、パスワードの通知、及びURLの開示は、対面又は、郵送若しくは電子メールにより行われます。
6.当社は、第4項の利用開始手続きをした会員が以下の項目に該当する場合、その会員に対し本サービスの利用を認めないことがあります。
(1)第2項の入会申込み、及び第4項の利用開始手続きの際に、当社に対して届け出た情報の内容に事実と異なる内容がある場合
(2)利用開始手続きが正しく完了しなかった場合
(3)会員が未成年者、被保佐人の何れかであり、必要な同意を得ていない場合
(4)会員が、過去において本規約又は承諾書等に違反したことにより、私書箱会員登録の取消を受けている場合
(5)その他、会員が本サービスを利用することを、当社が不適当と判断する場合
7.第5項の利用開始手続き完了の通知を受けた会員は、原則として当社による本サービスの提供中は、本サービスを利用できるものとします。
8.会員が以下の項目に該当する場合、当社は事前に会員に通知することなく直ちに私書箱会員登録の取り消し(退会処分)又は会員の本サービスの利用を停止し、保管している郵便物及び宅配便などの配達物(以下総称して「配達物」という。)を開封し廃棄又は当社の判断により処分又は処理を行うことができるものとします。
(1)私書箱の住所を現金送付先として利用している場合
(2)当社の許可なく私書箱の住所を公開している場合
(3)当社の許可なくダイレクトメール送付元として私書箱の住所を使用している場合
(4)会員が本規約又は承諾書に違反した場合
(5)第2項、第4項又は第3条により会員が当社に対して届け出た情報の内容に事実と異なる内容がある場合
(6)会員が第6項各号の一に該当する場合
(7)会員が当社に届け出したメールアドレス、連絡先電話番号の変更等により、当社から会員への連絡がとれなくなった場合
(8)会員が支払期日に支払いしない場合
(9)公的機関等から会員の私書箱会員登録を取り消すよう要請があった場合
(10)会員が本サービスの利用につき転貸した場合
(11)本サービスの利用目的が違法行為又は公序良俗に反する行為であると当社が判断した場合
(12)会員が当社に届け出た名義と異なる名義を使用して本サービスを利用した場合
(13)その他、会員が本サービスを利用することを当社が不適当と判断した場合
9.会員は、本サービスの利用を停止することを希望する場合、その旨を電子メール、Fax等で弊社に通知するものとします。なお、本サービスの利用停止を行った会員が、本サービスの利用を再開することを希望する場合、再度第4項に定める利用開始手続きを行うものとします。
10.会員は、本サービスの利用を終了し、会員登録の取り消し(退会)を希望する場合、その旨を電子メール、Fax等で弊社に通知するものとします。
11.会員が第4項に定める利用開始手続きを行った後、又は会員が第9項に定める利用停止希望の通知、若しくは第10項に定める退会希望の通知を行った後、別に定める所要回答時間を経過しても当社から通知がない場合、会員は当社まで速やかに電話連絡を行い、その指示に従うものとします。
12.会員は、第8項又は第10項により、会員登録の取り消し(退会)となった後であっても、会員登録の取り消し時以前に発生した本規約及び承諾書に基づく債務の負担は、理由のいかんを問わず免れ得ないものとします。
(第3条 会員情報の変更の届け出)
会員は、当社に対して届け出た自己に関する情報(以下「会員情報」という。)の内容に変更が生じた場合、速やかに当社が定める方法で変更の届け出を行うものとし、会員情報を常に最新、完全かつ正確に保つものとします。
(第4条 会員情報の取扱い)
本サービスに基づき当社が知り得た会員情報についての取扱いは、当社による個人情報の取扱いに関する同意事項によります。
(第5条 会員の義務)
1.会員は、本サービスを利用する際には、一般的なマナーを遵守しなければならないものとします。
2.会員は、会員証やパスワードの使用及び管理の一切の責任を負うものとし、当社の承諾なく第三者にこれを使用させたり、貸与、譲渡をしてはならないものとします。
3.会員は、本サービスに関連して当社又は第三者に迷惑、不利益を与えるおそれのある行為、本サービスに支障をきたすおそれのある行為、 本規約に違反するおそれのある行為等を行ってはならないものとします。
(第6条 配達物の開封)
1.会員の指示により、当社は、当該会員宛ての配達物を開封し、その内容物をスキャンした画像データ、又はその内容物を撮影した写真データ等を、会員に対して電子メールに添付する方法等にて送ることができます。
2. 会員宛ての配達物に現金が封入されていると疑わしい場合、当社の判断によりその配達物を開封することができます。またその内容物が現金であった場合は、当社は、その旨を関係官庁に通報し、現金等の内容物は送り主に引き渡すことができます。なお、送り主に引き渡すことが困難な場合や送り主が不明の場合は、当社はその内容物を拾得物等として警察に届けることができます。
3. 第2条第8項、前項又は前々項により当社が会員の配達物を開封した場合において、当該会員は、当社のその開封行為について、当社に対して民事上及び刑事上の一切の責任を追及しないものとします。また、当社のこの開封行為により第三者に損害が発生した場合は、当該会員は、第7条第1項に基づき対応するものとします。
(第7条 会員の責任、当社の免責、損害賠償)
1.会員は、自らの行為であるか否かにかかわらず、又過失の有無にかかわらず、本サービスの利用にあたり一切の責任を負担するものとし、第三者に損害を与えた場合、自己の責任と負担において当該第三者との紛争を解決するものとします。
2.当社は、本サービスに関して、以下の項目について、一切責任を負わないものとします。
(1)会員の私書箱の使用上の誤り又は管理不十分により会員又は第三者が被った不利益
(2)当社が第2条第6項により会員の本サービスの利用開始手続きに対して、その利用を承諾しないことにより会員又は第三者が被った不利益
(3)当社が第2条第8項により私書箱会員登録取り消し(退会処分)又は会員の本サービス利用を停止させることにより会員又は第三者が被った不利益
(4)当社の事情により私書箱の住所又は本サービスに関する内容を変更したことによる会員又は第三者が被った不利益
(5)当社が本サービスの中断・変更・終了又は会員に対し本サービスの制限を行ったことにより会員又は第三者が被った不利益
(6)当社の電話番号、受付時間等の変更により会員又は第三者の被った不利益
(7)当社が相当の防犯対策を講じていたにもかかわらず、会員宛ての配達物が盗難された場合に会員又は第三者が被った不利益
(8)会員が当社との連絡のために生じる電子メール、電話、郵便等の通信費等必要な費用の支払いにより会員又は第三者が被った不利益
(9)当社が相当の対策を講じたにもかかわらず駆除できずに当社から送信された電子メールに付随していたコンピュータウィルス、又は当社が世間一般に送信される容量として妥当と判断したにもかかわらず、当社から送信された電子メールに起因して、結果として会員の携帯電話又はパソコンの受信容量が超過したことにより会員又は第三者が被った不利益
(10)当社のサービスシステムの障害等のため、本サービスの利用ができないことにより会員又は第三者が被った不利益
(11)一部又は全部の会員に対して当社が行った各種の措置により会員又は第三者が被った不利益
(12)その他、会員が本規約、承諾書及び法令の定めに違反したことにより、又は本規約及び承諾書により会員が一切の責任を負うことが規定されている事柄を会員が行ったことにより会員又は第三者が被った不利益
(13)その他、当社が相当の注意を払ったにもかかわらず、本サービスによって会員又は第三者が被った不利益
3.会員が本規約、承諾書及び法令の定めに違反して当社又は第三者に損害を与えた場合、当該会員は、当該損害を賠償する責任を負うものとします。
(第8条 通知及び同意の方法)
1.当社から会員への本サービスの運営及び内容に関する通知は、本サイトへの掲示、会員が当社に届け出た電子メールアドレスに対する当社からの電子メールの送信、又はその他当社が適当と認める方法により行うものとします。
2.前項の通知の内容を反映した本サービスを会員が利用したことにより、同通知の内容を会員が承諾したものとみなします。
(第9条 サービス等の変更等)
1.当社は、事前に会員に通知することなく、本サービスに関するシステム及び内容を変更することができるものとします。なお、変更後は、変更後のシステム及び内容が有効であるものとします。
2.当社は、以下の項目に該当する場合、事前に会員に通知することなく、本サービスを中断・変更することができるものとします。
(1)本サービスが違法又は、不正に利用されていると当社が判断した場合
(2)戦争、暴動、騒乱、労働争議、火災、停電、天災、その他の非常事態又は当社の責によらない何らかの事由により、本サービスの利用ができなくなった場合
(3)当社のサービスシステム等のメンテナンス、障害等のため、本サービスの利用ができなくなった場合
(4)その他、当社が、本サービスの運営上、本サービスの中断・変更が必要と判断した場合
3.当社は、理由のいかんを問わず、事前に会員に通知することなく、本サービスの一部又は全部を終了させることができるものとします。
(第10条 会員証)
当社は、希望する会員に対し、私書箱会員であることを表す会員証を発行し、貸与します。
(第11条 月額利用料等)
1.会員は当社が別に定める月額利用料及びこれに課税される消費税等の公租公課(以下「月額利用料等」という。)を負担するものとします。
2.会員は前項の月額利用料等を、当社が別に定める支払期日までに当社に対し支払うものとします。
3.月額利用料等の支払いに際し、振込手数料が発生する場合は、会員が負担するものとします。
4.会員は、第2条第8項の定めにより本サービスの利用を停止され、又は同条第9項の定めにより本サービスの利用を停止したことにより、本サービスの利用ができない場合であっても、同条第10項の定めによる退会希望通知を行い、当社が会員登録を取り消すまでの間に発生した月額利用料等は、これを負担するものとします。
5.会員の第2条第4項の定めによる本サービスの利用開始手続きに対して、当社がその利用の開始を承諾しなかったときは、当社は、会員がそれまでに支払った月額利用料等を無利息にて当該会員に対して返金するものとします。ただし、返金は、会員本人名義以外の金融機関口座に対しては行うことができないものとします。
6.第9条第3項の定めにより当社が本サービスの全部を終了させたときは、当社は、会員が支払った月額利用料等のうち本サービスの全部を終了させた日以降に係るものを無利息 にて返金するものとします。ただし、返金は、会員本人名義以外の金融機関口座に対しては行うことができないものとします。
7.前2項の場合を除いて、会員が一旦支払った月額利用料等は、本サービスの利用停止又は会員登録の取り消し(退会)その他の理由のいかんを問わず返金しないものとします。
(第12条 権利の帰属)
本サービスに係る商標、商号、サービス、手続、その他技術・販売方式全般及び情報に関する権利は当社又はそれぞれの権利者に帰属するものであり、会員はこれらの権利を侵害する行為を一切行ってはならないものとします。
(第13条 債権譲渡及び債権供担保の禁止)
会員は理由のいかんを問わず、本規約及び承諾書に基づき当社に対して有する債権を第三者に譲渡、貸与又は担保に供してはならないものとします。
(第14条 相殺禁止)
会員は、本規約及び承諾書に基づく金銭債務を、当社に対するいかなる債権とも相殺することはできないものとします。
(第15条 管轄裁判所)
本サービス並びに本規約及び承諾書に関して、当社と会員との間で紛争が生じた場合には、東京地方裁判所又は東京簡易裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

改定日 平成27年1月26日